ワクチン接種を受ける女性

この内容は私の家内に起きた出来事について述べたものです。ワクチン接種についての見解や対応は投稿時点のものである為、最新の情報は厚生労働省のホームページでご確認下さい。

厚労省のホームページに書いてはあるものの

厚生労働省のホームページ内の「私は接種できますか?」というページ内に妊娠中、授乳中、妊娠を考えている方向けのQ&Aがある。詳しくは下記リンクからどうぞ。

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/receive/

一部抜粋すると「妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も、ワクチンを接種することができます。日本で承認されている新型コロナワクチンが妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません」とある。そうは言っても様々な副反応が報告される中で「本当に大丈夫なのか?」という不安は残る。誤解のないように言っておくが、私はワクチン接種に反対しているわけではない。

授乳中の場合をもう少し読み進める

このページをもう少し読み進めると、「mRNAワクチンの成分そのものは乳腺の組織や母乳に出てこないと考えられています。授乳中にmRNAワクチンを受けた方の母乳中に新型コロナウイルスに対する抗体が確認されています。こうした抗体が、授乳中の子供を感染から守る効果があることが期待されています。」とある。なるほどね、接種を受けた方の母乳が授乳する子供を守る効果があると。まぁでも「考えられています」「期待されています」か・・・。

いざワクチン接種、問診の時に医者から告げられた事とは

ワクチン接種の予診票には「現在妊娠している可能性はありますか。または授乳中ですか」という項目がある。ここで「はい」のチェックボックスにチェックを入れていれば、当然、問診の時にその話になるわけで、現在授乳中であることを伝えると、「明確な基準があるわけではない。ただ、気になるなら1日授乳を控えても良い」との事。そんなに神経質にならなくてもよさそうだ。ちなみに接種したのはファイザー社製のワクチンでした。

予防接種法に基づき、妊娠中、妊娠を考えている方にも接種は推奨されている

最新の情報は厚生労働省のホームページでご確認下さい。

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/receive/

またファイザー社、モデルナ社のワクチンは「mRNAワクチン」であり、アストラゼネカ社のワクチンは「ウイルスベクターワクチン」とのこと。ホームページは基本的に「mRNAワクチン」を前提にしたQ&Aとなっており、妊娠中、授乳中、妊娠を計画している方のウイルスベクターワクチン接種についての記載は投稿時点では確認できず。ウイルスベクターワクチンは原則40歳以上の方が接種できるということで対象者が少ないから載せてないのか?それでもウチの家内は対象になりますけど。

私事だがとりあえずワクチン接種しておかないと施設で生活している祖母にも会いにいけない。今までは3か月に1度は面会していたのに、去年からはわずか2回しか会えていない。早く顔を見に行ってあげたい。早くコロナが終息しますように。